スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲荷神社の歴史

沼宮内稲荷神社は岩手県岩手郡岩手町沼宮内にある神社です。その歴史は神社の境内にあるたて看板に次のように記されています。

享禄元年(1528年)俵藤太秀郷六族の一人河村治部春秀、白掛の假城(東北本線元川原木踏切東南寄りの山腹)から氏神稲荷大神を奉じ北上川沿下、城山に居城を築きこの山下に稲荷神社を祀り、併せて沼宮内一帯を開拓した由である。その遺歴である手洗水石鉢には明和元歳の年号が尚明らかに昔の面影を残し畄めて居る。明治三年正月郷社に列したが惜しくも同三十五年五月四日当町大火に悉く類焼、昭和四年十月二日氏子総代柴田兵右衛門社殿を新築奉納現在に至る  社務所

平成20年9月、新社殿および社務所が完成しました。

稲荷神社

メニュー

稲荷神社の歴史
沼宮内祭りの歴史
山車集合写真
山車番付

秋祭りの様子

平成23年

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。